以前、

とある社長・経営者一族が自分の会社に変な派閥ができて乗っ取られか

けた話を聞いたことがあります。自分の会社を取り返すにはどうすべきか?

会社の規模や資本によっては強引なやり方が有効な場合もありますが

内部に反経営者陣が多かったりそれなりの力を持っていた場合は

今後の経営・対外的なものを考えれば、理詰めと順序立てながら事を進める

しかありません。実行するには敢えて手を広げて人をそれなりに受け入れ

全体を薄めながら排除フィルターを正確に作り変える必要があります。

経営者陣だと思っている人間にも裏切り者が混じって居る可能性があるとすれば

信頼できる範囲で粛々と事を進めないといけないです。

信頼できる対外協力者にもキチンと話を付ける必要があります。

・・・・・・・時間は限られてますから。



オサーンが何を言ってるかわからない(´・ω・`)ナニイッテンダコイツ

という方が殆どかもしれません。

不言実行で信じてみるしか無いがオサーンが言える全てです。
<スポンサー リンク>





 






登録馬段階の注目馬181104


■アルゼンチン共和国杯

今週の中央重賞で過去データがぎりぎり使えそうなのこのレースぐらいなようです。

でも・・・・ここ数週と同じで このレースも社台陣営馬の能力の差があるようです。


天栄馬が抜きに出てる事というより(ここ3週のG1勝利は天栄馬)

しがらき陣営含め 社台系生産馬の信頼度が下がってることで

ブレまくっています。




ちなみに

アルゼンチン共和国杯は天栄馬の信頼度は高いのですが

今年の登録馬に天栄馬はいません。



しがらき馬が2頭居ますが・・・・ここ数週の酷さを考えると信用できるかはわかりません。

それでもここから考えないとヒモや穴馬までたどり着けなくなります。



一応信用できそうなのは パフォーマプロミスのみ

次点で
パフォーマプロミスと同厩舎藤原英厩舎ルックトゥワイス





の2頭までかな。

・・・・・・上記の馬選んでみるとこのレースも過去の傾向とはかなり違ってる( ´_ゝ`)

今週も重賞は勝負は微妙になりそうです('A`)



なんだか調子悪くて ぐだぐだな文章と予想ですみません

明日でも見返して書き直せる余裕があれば書き直したいと思います。

以上です。

わからないようなストレスと疲れで 調子狂ってるのかもしれません。


<スポンサー リンク>