LiveCapture3 動体検知作動時にメッセージを出してみよう(3)
使用編&ちょっと工夫してみる?


1,まず導入して放置しているとこんな画面になることがありますw

動体検知デスクトップmsg

単純にひとつずつ消していくのはめんどくさいですが、
Windows画面一番下のタスクバーにスクリプトのタスクアイコンが出てますので 
アイコン上で右クリック→全てのウインドウを閉じるで全て消すことが出来ます。

<スポンサード リンク>






2,実はここまで試行錯誤しました。
当初は思いつきでスクリプトだけで
1段階目、スクリプトだけでメッセージのポップアップ
2段階目、動体検知時間(スクリプト起動時時間)の表記、モーダル(メッセージボックスが手前に居座る)
3段階目、ログの吐き出し
4段階目、ログと記録画像・動画の関連付け
と ここまで10分程度で作成

ここから
5段階目、上記のメッセージ連発時に並ぶメッセージボックスの整理(出現位置)と一括終了を工夫。
をしたのですが、VBスクリプトのメッセージボックスは出現位置の設定が出来ません。
よってVBで初期値設定するフォームを作りEXE化 
6段階目、VBで作り始めたのでついでに吐き出したログや画像の管理を出来るメンテを作成
7段階目、LiveCaptureの設定ファイルの修正(設定部分の初期化&上書き)と
以降 多分12段階までやりましたが

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・通常使用は感知メッセージが出れば他は全くいらない事に気が付きました( ´,_ゝ`)バカデース

実際、保存動画・画面も余程の事がない限り確認しないし 最近は撮らないようにしてるし。
結局メッセージのみが一番有効でした。

というわけで こういうのが欲しいなどの要望はお聞きしてもご期待に応えることはないと思われます。
面白そうな内容なら試してみますが。

 
3、ご要望がいくつかあった 「2段階目の動体検知時間(スクリプト起動時時間)の表記」ですが

←LiveCapture3 動体検知作動時にメッセージを出してみよう(1)
で作成した実行ファイル(VBS)に下記2行目をコピペして 
もともとあった2行目をコメントアウトか消去してください。
面倒だったら以下の文をコピペで全上書きしてください。 
ちなみに以下は現時刻を Dateで取ってます。
now でも Dateでも対して変わりません。システム日付で取るかの違いだけです。

Option Explicit

  MsgBox Date &" " & Time & " 動態感知しました。"
'  MsgBox now & "動態感知しました。"
  WScript.Quit (0)

実行すると以下のようになります。
動体検知時計付きmsg




以上で終了です。

なにか面白そうなものがあれば、追加していきたいと思います。

<スポンサード リンク>

LiveCapture3 動体検知作動時にメッセージを出してみよう(1)作成編
LiveCapture3 動体検知作動時にメッセージを出してみよう(2)導入編
ランキング応援お願いいたします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ