■LiveCapture3 動体検知作動時にメッセージを出す(2)
導入編

1,LiveCapture3を起動します。

2,画面右下①の設定ボタンを押下し設定画面を出します
LiveCapture3main01
<スポンサード リンク>

3,設定画面の「監視設定」タブを選択して 動体検知項目の「動体検知を有効にする」をチェックし
キャプチャーアクションボタンを押下します。

すでに動体検知を設定している方はチェック済みだと思います。
動体検知設定は(領域・感度設定など)は本体ヘルプなどでご確認ください。
LiveCapture3設定01

4、キャプチャーアクション画面の「外部モジュール」タブを選択して「外部モジュールを起動する」にチェックを
入れて モジュールパス横の「参照…」ボタンを押下します。
LiveCapture3設定02
<スポンサード リンク>

5,出てきたダイアログボックスで前述で作ったスクリプト実行ファイル(~.vbs)を設定します。

注)ダイアログボックスの初期ファイルは(.exe)になってますので ファイルの種類(T)でALL Filesを
選んでから 実行ファイル(~.vbs)を探してください。
LiveCapture3設定03


6,キャプチャーアクション画面に戻って テキストボックスにファイルのパスが書かれていることを
確認し 「testボタン」を押下して 作成時のテキストボックスが画面に出れば設定完了です。

後は通常の動体監視と同じで LiveCapture画面の監視スタートボタン(上記画面の②)を押して
監視スタートとなります。



使用編&ちょっと工夫してみる?
LiveCapture3 動体検知作動時にメッセージを出してみよう(3)
<スポンサード リンク>

作成編
LiveCapture3 動体検知作動時にメッセージを出してみよう(1)