今回まとめきれず、時間がなくなったので中途半端で申し訳ありませんが
エプソムC(1)としてアップしました。



翌週から函館開催が始まります。
厩舎によっては今週月曜日から函館開幕に向けて北上したところもあるはずです。
新馬・降級馬・夏の入れ替え・ローカル対応等々 戦略を固めなきゃいけない上に
方向性がバラバラになるので 今週は準備に追われるたり陣営の狙い所が分散される
谷間週と見ています。今年は特にバタバタしているように見えます。


登録馬段階の注目馬 180610

■エプソムC
正直今年のメンツはめんどくさい(*´Д`*)
注目されてる馬が2頭とも前走準OPだったり、 
これまで春締めで狙う(夏は休み)馬と 夏始動(春は休み)だけ考えとけばよかったのに
今年は長期休み明けの2頭がカギを握っていることとマイナス要素が各馬に有るために
1-3軸の上げ下げが難しく現状で固まりません
現時点で無理やり分けるとして以下になりますが、+++++++++++以降の書こうとしてまとま
らなかった部分を考慮すると挙げた全頭がヒモレベルになります。
正直どう扱うか迷って書く時間がなくなって中途半端にアップした次第です。

<2軸>
・サーブルオール
・サトノアーサー
<1・3軸>
・スマートオーディン
・マイネルミラノ
・マイネルフロスト
・ダイワキャグニー
・トーセンマタコイヤ
・ベルキャニオン
・エアアンセム
・グリュイエール


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

注目した馬が尽くマイナス要素がある状態です。
例年の消し要素・選考基準が使えません。
過去ノーザンF生産馬は春締めで狙う(夏は休み)馬しか3着内に入っておらず
今回の候補は4頭だけど明確な不安要素あり
・サーブルオール(前走準OP)
・サトノアーサー(2走ボケ心配)
・トーセンマタコイヤ(前走休み明けから5週開いてるが2走ボケ的な心配有り)
・ベルキャニオン(力不足を感じる)


■前走感覚
  集計期間:2012. 6.10 ~ 2017. 6.11
-------------------------
間隔      着別度数       
-------------------------
  連闘    0- 0- 0- 0/ 0  
  2週    0- 0- 0- 5/ 5  
  3週    0- 2- 0-18/20  
  4週    4- 0- 0-11/15  
 5~ 9週  2- 3- 3-34/42  
10~25週  0- 1- 3- 8/12  
半年以上  0- 0- 0- 4/ 4  
-------------------------
2010年からのデータでも半年以上の休み明けは0-0-0-7/7


■前走クラス別集計
  集計期間:2012. 6.10 ~ 2017. 6.11
---------------------------
前走クラス  着別度数       
---------------------------
1600万下    0- 0- 0- 1/ 1  
OPEN特別    2- 2- 0-39/43  
  G3      0- 2- 4-24/30  
  G2      3- 1- 2-11/17  
  G1      1- 0- 0- 4/ 5  
---------------------------


■年齢別集計
  集計期間:2012. 6.10 ~ 2017. 6.11
----------------------------
年齢         着別度数       
----------------------------
3歳         0- 0- 0- 1/ 1  
4歳         4- 4- 2- 8/18  
5歳         2- 0- 0-22/24  
6歳         0- 2- 2-19/23  
7歳         0- 0- 2-19/21  
8歳         0- 0- 0- 9/ 9  
----------------------------


■脚質
エプソムカップの狙い所として逃げ・先行馬の要素があります。
エプソムC1-3着脚質 2018

毎年逃げ馬、2番手の馬が馬券に絡んでます。

<スポンサード リンク>

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ