最強ブログランキング重賞予想2018
2018年4月15日現在
44R中18R的中
どんどん落ちていってるが やっと苦手な開催が終わった・・・・ここから巻き返したいです( ̄‥ ̄)=3 フン



登録馬段階の注目馬 20180422 マイラーズC

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

■前走傾向3着内に入った馬の前走
◆前走レース名別集計
  集計期間:2013. 4.21 ~ 2017. 4.23
  ソート:着別度数順
-----------------------------
前走レース名  着別度数       
-----------------------------
香港MG1      1- 0- 1- 0/ 2  
洛陽S        1- 0- 0- 0/ 1  
白富士S      1- 0- 0- 0/ 1  
中日新聞HG3  1- 0- 0- 0/ 1  
阪神カッG2    1- 0- 0- 0/ 1  
六甲S        0- 2- 0- 0/ 2  
東京新聞G3    0- 1- 2- 0/ 3  
阪急杯G3      0- 1- 0- 0/ 1  
スワンSG2    0- 1- 0- 0/ 1  
京都金杯HG3  0- 0- 1- 0/ 1  
ダービーHG3  0- 0- 1- 0/ 1  
-----------------------------
前走レースとしてはバラバラですが、
前走場所でまとめると海外遠征組前走中央開催組が強い

◆前走場所別集計
  集計期間:2013. 4.21 ~ 2017. 4.23
----------------------------------------------
前走場所  着別度数        勝率  連対率 複勝率 
----------------------------------------------
  札幌    0- 0- 0- 0/ 0                       
  函館    0- 0- 0- 0/ 0                       
  福島    0- 0- 0- 0/ 0                       
  新潟    0- 0- 0- 0/ 0                       
  東京    1- 1- 2- 0/ 4   25.0%  50.0% 100.0% 
  中山    0- 0- 1- 0/ 1    0.0%   0.0% 100.0% 
  中京    1- 0- 0- 0/ 1  100.0% 100.0% 100.0% 
  京都    1- 1- 1- 0/ 3   33.3%  66.7% 100.0% 
  阪神    1- 3- 0- 0/ 4   25.0% 100.0% 100.0% 
  小倉    0- 0- 0- 0/ 0                       
  地方    0- 0- 0- 0/ 0                       
  海外    1- 0- 1- 0/ 2   50.0%  50.0% 100.0% 
----------------------------------------------

出走全頭でみると
成績を残してるのは前走海外東京京都の順となってます。

◆前走場所別集計(全頭)
  集計期間:2013. 4.21 ~ 2017. 4.23
----------------------------------------------
前走場所  着別度数        勝率  連対率 複勝率 
----------------------------------------------
  札幌    0- 0- 0- 0/ 0                       
  函館    0- 0- 0- 0/ 0                       
  福島    0- 0- 0- 1/ 1    0.0%   0.0%   0.0% 
  新潟    0- 0- 0- 0/ 0                       
  東京    1- 1- 2- 6/10   10.0%  20.0%  40.0% 
  中山    0- 0- 1-22/23    0.0%   0.0%   4.3% 
  中京    1- 0- 0- 7/ 8   12.5%  12.5%  12.5% 
  京都    1- 1- 1- 6/ 9   11.1%  22.2%  33.3% 
  阪神    1- 3- 0-17/21    4.8%  19.0%  19.0% 
  小倉    0- 0- 0- 3/ 3    0.0%   0.0%   0.0% 
  地方    0- 0- 0- 0/ 0                       
  海外    1- 0- 1- 1/ 3   33.3%  33.3%  66.7% 
----------------------------------------------

前走場毎の傾向を確認。

前走 海外組
 今年は居ません。
前走 東京
・全10頭中9頭が関西からの遠征馬
・マイラーズC5着以内に入ってる馬は前走東京新聞杯組が中心(上がり5位まで)
社台系生産馬
・サンデーの血が入る
・4,5歳
マイラーズC 前走東京

今年は前走東京組は3頭居ますが該当なし

前走 京都
好走馬の共通点は
前走連対馬
サンデー系×ノーザンダンサー系の組み合わせ。

該当なし
・・・・・マジか('A`|||)
ちょっと困ったことになってきました、昨年はこれで上手くいったのですが
今年は違うのか?

となると4番手の前走阪神組を見てみましょう。

前走 阪神
 阪神    1- 3- 0-17/21    4.8%  19.0%  19.0% 
と思ったよりも成績は良くないです。
連対した4頭を見てみると
マイラーズC 前走阪神組血統

共通点は母父に外国産馬(出来れば欧州系でリボー系やセイントサイモン系の血が必要)
ぐらいなものですね。

今年の該当馬は
前走阪神&母父外国産馬はサングレーザー、モズアスコット、ロジクライの3頭ですが
欧州系に限定するとロジクライがぎりぎり当てはまります。
データ的に微妙ですがプラス材料の一つとして
・ロジクライ

<スポンサード リンク>

■血統
マイラーズC 血統

例年の絞り込み材料の中心となる「前走傾向」で該当馬が少なく焦りましたが、
今年は2番手の血統のみで見ると絞り込みは楽なようです。
前走阪神でも書きましたが、過去3着までの血統を見ると(上記画像)
基本は サンデー系×欧州血統が有力です。
他に欧州血統×サンデー系、欧州系×欧州系。
米ダンチヒ系が2頭居ますが、マイナー系リボー系ハンプトン系が共通なので傾向は合ってます。

今年の該当馬は
・エアスピネル
・ピークトラム
・ロジクライ
------------------------------
・ヤングマンパワー
・ブラックムーン
・ムーンクレスト
・モズアスコット

今年は該当馬が少ないで 絞り込みとしては助かりました('д` ;)。
この時点だと狙いたいのはエアスピネル、ロジクライ、ヤングマンパワー。


■指数
コンピ指数
中途半端に1-3位が毎回入りますが、決め手がブレます。
敢えて決めるならコンピ1-3位&前走上がり上位
当日要確認

ZI指数

こちらは1,2位のどちらかが入るようです。
ZI指数1,2位で社台系生産馬が入ってます。
前走の指数なので好調をキープできる要素(陣営の腕)が必要なようですね。
該当馬
1位エアスピネル(社台F)
2位モズアスコット(非社台)
3位サングレーザー(社台追分F)




コンピの極意: 極ウマサイトで「田中洋平のテクニカル6」連載中のコンピ革命家 田中洋平さんのコンピ指南書です(1800円)

■社台系生産馬
13-17年3着内に毎年1頭以上 計9頭入ってます。

エアスピネル
ガリバルディ
サングレーザー
ネオフレグランス
ピークトラム
ベルキャニオン
ヤングマンパワー
ロジクライ



■その他
■厩舎
13-17年 3着内 関東2 関西13
関西厩舎優勢です。
13-16年までは関西馬のみで締めてたのですが 昨年は1,3着に関東馬が入りました。
この傾向を参考にして 関東馬はヒモにしか加えなかったので3連複全滅 辛うじてワイドのみ獲れたのを思い出しました。


■外厩
3着内に入った馬の中で
13-14年は記録がないので一部確認できてませんが
15-17年は16年3着のクラレントを除き 全頭外厩帰りの馬です。
(クラレントは6歳越えてから外厩帰り2,3戦目でしか走らなかったので)

今年の該当馬は(外厩)★(近走外厩明け実績有り)?(実績微妙)
★エアスピネル(山元TC)
カデナ(大山ヒルズ)
?ガリバルディ(山元TC)
★サングレーザー(山元TC)
テイエムイナズマ(テイエム牧場門別分場) 
?ネオフレグランス(NF天栄)
★ブラックムーン(小松TC)
★ベルキャニオン(NFしがらき)
★モズアスコット(宇治田原優駿S)
★ヤングマンパワー(NF天栄)


<スポンサード リンク>

■コースの特徴

京都・芝1600メートル(外回り)

2コーナーの引き込み線にあるスタート地点から、3コーナーまでの距離が長いコース。向正面の半ばから3コーナーにかけては上り坂で、3コーナーから4コーナー半ばにかけて一気に下り、直線約400メートル(Cコース使用時398.7メートル)が平坦となる。直線では馬群がばらけて、内が空くケースも多い。京都の芝コースは移動柵がA~Dまで取れるため、終始インコースの良い状態が続く。基本的には時計勝負になりやすく、スピードの持続性に加えて、インを器用に立ち回る能力が要求されるコースだ。
京都芝1600外
京都芝コース高低断面図(右・外)


補足
少し間隔を開けて休み ここから始動の馬が多いですが、ここを目標とする馬は意外と少ないので少点数で狙える可能性のあるレースです。
よって最終判断で以下の2点を考慮し厚めに狙いたいです(過去メモ参照)
・外厩帰りや外厩明け2,3戦目等の各馬実績条件を見て判断する必要あり。
・ハイペースになることが多く 上がり脚も必要というタフなレースだけに実績馬が有利。

以上のデータから登録馬段階の注目馬は以下になりました。
注目馬1-2軸
<1軸>
<2軸>
・エアスピネル
<スポンサード リンク>




ブログの継続、やる気向上の為ランキング応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
最新競馬ブログランキング バナー
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

勝ち馬がわかる血統の教科書