TARGETにコンピ指数を設定してみよう


JRA-VAN(TARGET&データ適用)に契約&インストールし
日刊極ウマ(日刊ID&極ウマ・プレミアム コンピ指数)に契約していることが前提です。


------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

コンピ指数を極ウマサイトからDLします。
コンピ指数取込ソフトは現在こちらで公開中(フリーソフト)


<コンピ指数保存先作成>
DLしたコンピ指数ファイルの保存場所を作成します。
TARGETのインストールフォルダ(TFJVフォルダ)を開き保存フォルダを作成します。
フォルダ名は自分でわかりやすいものをつけてください 

compifold


<コンピ指数表示設定>
外部指数の表示の設定を行います。
TARGETを起動し「オプション(O)」→「環境設定(E)」で環境設定画面を出します

compi1-1

環境項目設定メニューから◆その他→「外部指数の設定」を選択してください。
次に「新規作成」ボタンの押下します。

compi1-2a

<スポンサード リンク>


外部指数指定ファイル定義の設定を行います。
compi1-3

 <指数名>は任意の名称をつけてください。

 <パス・ファイル名>
前述で作成したコンピフォルダ(ここではD:\TFJV\COMP_DATA\)

前述で作成したコンピフォルダ + コンピファイルの内部変数.CSV
D:\TFJV\COMP_DATA\%Y3%M1%D1%P4%K3%N3.csv
又は
プログラムフォルダ変数(%FP)+前述で作成したコンピフォルダ + コンピファイルの内部変数.CSV
%FP\COMP_DATA\%Y3%M1%D1%P4%K3%N3.csv
(上記部分をコピー&ペースト)

※1)ブログ上では「¥」が「\」になりますが ここからコピーして②に貼り付けると「¥」に戻ります。
※2)内部変数ってな何?って知りたい方はここ参照してください
※3)プログラムフォルダ変数(%FP)を使って設定しておくと TARGETのバックアップなどでフォルダ移動した時に再設定必要が無くなる利点があります。

<ファイル形式>
レース単位・CSV形式

<内容>
指数+順位

<レースID>
新仕様(16/18桁)

指数表示桁数>
整数(0-999999)

を入力・選択してOKボタンを押下します。



次に各画面の表示設定をします。
① 以下の3画面全てのチェックを入れます。
成績画面に指数を表示する
出馬表に指数を表示する
ウマデータ画面の戦歴に表示

②各画面の外部指数番号を設定します。
画面毎に表示出来る外部指数は1-4まで設定できます。

 [1]No 「1」の内訳
[1]・・・・・・・外部指数1(各画面設定の表示項目)
No 「1」・・・・・・・・先程設定した「コンピ」
外部指数値1にコンピを設定しますということです。

下の画面は私の設定済画面ですが
 [2]No 「2」は外部指数2にZI値を設定してます。

 
compi1-5


後は出馬表を開いて
項目設定→項目選択画面の「外部指数1-4」「外部指数値1-4」を追加すると画面に表示されます。

compi1-6
compi1-7





上記の項目選択画面に「ZI値」項目がある(デフォルトで表示可能)のに 
何故私の環境設定で「ZI」を外部指数設定しているのか疑問にもたれた方が
居らっしゃるかと思います。
通常初期設定されているZI値は各画面に表示できるものの、
デフォルトのままではレース検索条件の検索条件項目として使えないのです。

TARGETで条件を調べたりする上でかなり必要な条件になりますが
意外と知られてないので次回説明したいと思います。




相互リンクよろしくお願いします。
ランキングアップに是非とも1クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

<スポンサード リンク>